専業主婦のためのキャッシング情報局

専業主婦のためのキャッシング情報局。お金を借りられる情報を提供します!

専業主婦でもキャッシングできる!

家計を握る専業主婦は、なにかとお金に困ることもありがちです。
夫に相談したところで給料が上がるわけではなし、むしろ余計な心配をかけてしまうかもしれないし、小さな子どもがいれば働きに出ることもできません。

 

だけど、どうしても「今、少しだけお金が必要!」な時ってありますよね。
できれば他の身内には頼らず、家庭内だけでどうにかしてしまいたいものです。

 

そういう時は、銀行でのキャッシングを検討してみてはいかがでしょうか?

 

消費者金融での借り入れは、働いている人しかできません。パートであっても働いていればOKなのですが、専業主婦には貸してくれません。

 

しかし、銀行の場合は少し違います。
専業主婦の場合、その人の夫の年収で審査をします。
なので、わざわざ夫が休んで銀行に出向く必要もなく、奥さまだけでキャッシングを済ませることができるのです。

 

最近ではカードローンを扱う銀行も増えてきました。
カードローンは、一度契約をすると、再度契約することなく限度額まで何度も借り入れができるというシステムのキャッシングです。

 

一度契約してしまえば『いつでも少しだけ』が叶います。
銀行だと安心して借りられるところも嬉しいポイントですね。

 

夫に知られることなくお金を借りたい・・・そんな時のキャッシング術

中には、お金を借りるということを良く思わないご主人もいらっしゃるでしょう。
毎日がんばってやりくりしているのに、ちょっと出費がかさなったせいでお金が足りなくなった・・・

 

そんな時に「お前のやりくりが下手だからだ!」なんて言われたら腹が立ちますし、悲しいですよね。

 

実際に、生活の上で必要なお金であっても、極端にキャッシングを嫌う男性は多いものです。「稼ぎが少ない」と言われている気分になるんだとか・・・。

 

また、同窓会や突然のお呼ばれのために少しだけフンパツして洋服を買いたい、けどねだっても断られてしまった・・・なんてこともあります。

 

こうしたさまざまな理由から「主人に内緒でキャッシングをしたい」という専業主婦は少なくありません。

 

ご主人の年収を基準に審査して借り入れをするのに、ご主人本人に内緒にする、なんてことは可能なのでしょうか?

 

実は、可能なんです。
最近では、エコへの取り組みとして郵送物を送る銀行が減ってきています。恐らく、最初に郵送物の要・不要が確認されるはずですが、この際に『不要』を指定すれば、郵送物が送られてくることもありません。

 

1番気になるのは在籍確認の電話ですね。もし、銀行名を名乗らずに在籍確認の電話をしたとしても、本人が出てしまえば怪しまれてしまうこともあります。

 

そうしたことが心配な場合は、借り入れする前に在籍確認の電話があるかどうか確認しておきましょう。最近では在籍確認の電話をしない銀行も増えていますから、そうしたところを選べば安心です。

 

専業主婦がキャッシングする時に保証人は必要か

人々がどこかから何かを借りる時には、保証人が必要になる場合があります。
賃貸物件などでは入居審査が行われて、たいていはそれが必要になるのです。保証してくれる方の収入状況などが見られる事が多いのですが。

 

ところで専業主婦の方によっては、金融業者からお金を借りたいと思っている事があります。
では果たして専業主婦がその業者を利用する時には上記の保証する人が求められるかと言うと、求められないケースが多いです。特にキャッシングなどではまず求められませんし、カードローンでも不要な事が多いです。

 

と言うのも金融会社からお金を借りるような時には、保証会社に加入をする事になるからです。
その保証会社に加入をする条件の下で融資を受けますので、上記の賃貸物件のようにそれが必要になる事はありません。

 

ただし「全て」の金融商品でその保証人が不要という意味ではありません。
中にはそれが必要な商品もあります。それが求められるか否かは、商品次第という訳です。

 

専業主婦が借用書なしでキャッシングする方法

お金が必要になった時、多くの人が利用するのが消費者金融や銀行系のカードローンやキャッシングです。
気軽に借りられるので、急な飲み会や出張の時など、サラリーマンや20歳以上の学生が便利に利用ができます。

 

当日申し込んでも、その日のうちにお金が借りられるので、利用者が年々増加しています。
専業主婦でも借りることができる金融会社も数多くあり、不意の出費の時、大変便利です。

 

昔なら、わざわざ借用書を書いて、やっと借りることができたお金も、今はネットを通して、自分の口座に送金してもらえる便利な世の中です。知っていると知っていないとでは、生活の便利さも全く違います。

 

仕事をしていない無収入の専業主婦も、銀行系のカードローン会社から、即日で借り入れることもできます。
返済さえ滞らなければ、郵送物も特にありません。明細はネットで確認できるので、お金を借りていることを家族にばれずに済みます。

 

不意の出費の際に備えて、申し込んでおいてもいいかもしれません。

 

専業主婦がキャッシングするときは大手銀行がおすすめ

夫の収入が少ないと、給料だけでは生活費が足りなくなることがあります。

 

そんなときにはカードローンを利用し、3万円や5万円ほどのお金を借りて、次の給料日が来るまで持ちこたえたいと考える専業主婦の方もあるでしょう。

 

しかしパートやアルバイトしている主婦の方ならともかく、まったく仕事をしていない専業主婦の場合は、消費者金融に申し込むと、審査で落とされるケースがほとんどです。

 

そのため専業主婦は、どこからもお金を借りることが出来ないと思い込んでいる方もありますが、実は銀行ならOKなので、試しにお近くの大手銀行に申し込んでみるようにしましょう。
銀行は総量規制の対象外なので、夫に収入があるなら、ほとんどの場合で審査に受かるはずです。

 

しかしわざわざ店舗まで行って、融資を断られるようなことがあったら腹が立ちますから、まずはネットで借入診断を行い、その結果が良ければ申し込みフォームに記入し、送信するようにしてください。

 

専業主婦がお金を借りるときは、サービスが良い大手銀行がおすすめなので、まずは複数社の金利比較を行いましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ